岐阜市 修理事例 各務原市 アイ マフラーから白煙 長屋自動車

サブページメイン画像

  • HOME
  • 修理
  • 修理事例 各務原市 アイ マフラーから白煙

修理事例 各務原市 アイ マフラーから白煙

 エンジン始動と同時にマフラーから白煙

マフラーから大量に白煙が出て走行できないと修理依頼がありました。
エンジンを始動し症状を確認。アイドリングですでに白煙が出てますが、アクセルと踏むと後ろが見えない程白煙が出ました。
お客様はエンジンオイルを交換してから1万キロ走行しており、オイル交換しなかったためエンジンが破損したのではないかと不安に思われてました。

 原因をさぐるために

オイル上がりやオイル下がりにしては白煙が尋常なためオイルが燃焼室に入る原因を調べます。
よくあるトラブルでブローバイガス還元装置のPCVバルブが破損してエンジンオイルを吸い込むことがあるためPCVバルブを外して白煙が減少するか確認します。
このお車はリヤエンジンでPCVバルブはアクセスしにくい場所にありました。
PCVバルブを外して様子をみると白煙が徐々に減少していきました。



 原因はPCVバルブでした。

PCVバルブが破損しエンジンオイルが燃焼室に吸い込まれ白煙に至ったようです。
新品の部品に交換し、白煙が出ないことを確認しましたが、アイドリングが不安定でエンストすることもあったためスロットルバルブを清掃して修理完了となりました。

エンジンオイルも定期的に交換していただくようアドバイスしました。

 故障診断機の活用で迅速な修理対応を!

自動車の故障を知らせる警告灯
当社ではカンや経験だけに頼らず故障診断機を活用して的確な故障診断を実施します。
診断料3,300円(税込)
※車種によっては対応できない場合もございます。
※輸入車はご相談ください。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
058-246-9910
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

修理の他のページ